脇の黒ずみ解消ガイド!売れ筋人気商品ランキング

更新情報:2017.2.25 12:18 更新

女性にとって厄介な脇の黒ずみ、一人で悩んでいませんか?

脇の黒ずみに一人で悩む女性

見られていないようで、意外と見られている脇の下。
女性であれば誰でも、白くてスベスベの脇の下に憧れますよね。
そこでこのサイトでは、脇の黒ずみを解消する為にオススメの人気ケア商品を、ランキング形式にして紹介したいと思います。
綺麗な脇の下を取り戻して、より素敵な人生をお送りください♪

脇の黒ずみを隠す女性

脇の黒ずみ対策にオススメ!人気ケアグッズランキング

アットベリー

アットベリー

アットベリー独自のトリプルサンド方式ケアで脇の黒ずみ解消

薬用アットベリーは5種類の美白成分(プラセンタ、グリチルリチン酸2K、甘草フラボノイド、トウキエキス、エイズチエキス)と、6種類の保湿成分(セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、トレハロース、アラントイン)を贅沢に配合しており、脇の黒ずみの原因から肌をサポートしてくれる今までありそうでなかったジェルクリームです。

浸透性コラーゲン、オリゴヒアルロン酸等の美容成分を肌の角質層まで浸透させ、高分子ヒアルロン酸などの美容成分を表面の外から閉じ込めケアを行います。
さらに、セラミドやエラスチン等の保湿成分がベールやバリアの役割を果たすことで、刺激対策も同時に行います。

アットベリーは美容成分97.8%を配合した上で、内容量が60g(朝晩2回の使用で約1ヶ月分)あるので、継続的に使用しやすくなってます。
また、乾燥肌や敏感肌の方でも使用できるよう、軽刺激で優しい処方なのはもちろん、国内工場での厳しい基準のもと製造されているので、安心安全面も折り紙つきの商品です。

定期コースの初回購入時に、180日間の『全額返金保証制度』があるのも、肌に合うか心配な方や、効果があるか不安な方には嬉しいですね。

アットベリーの口コミ情報はこちら

アットベリー公式サイト

ピューレパール

ピューレパール

脇の黒ずみの原因へダイレクトにアプローチし、肌を理想的な状態へ

ピューレパールは脇だけでなく、膝やデリケートゾーンにも使える黒ずみ対策専用ジェルです。
最高級の7大美容成分を含んでおり、そのうちの保湿成分が肌に潤いを与え、肌のバリア機能をアップさせ、理想的なターンオーバーを導きます。
また、贅沢に配合した美白成分が、肌本来の働きを整え、メラニンを元から分解し、黒ずみの原因へダイレクトにアプローチし、肌を理想的な状態へと導きます。
そのため朝晩1日2回塗るだけで、楽しくなるくらいみるみる効果が現れてきます。

さらに、無添加・低刺激はもちろん、信頼ある国内の工場で製造されているため、品質管理も万全です。
初めての方限定で『60日間返金保証』もあるので、肌に合うか心配な方や、効果があるか不安な方にもオススメです。

ピューレパールの口コミ情報はこちら

ピューレパール公式サイト

イビサクリーム

イビサクリーム

メラニン色素を分解し、肌質を整えて理想的な肌サイクルをサポート

イビサクリームはメラニン色素を薄くし、美白するトラネキサム酸と、肌荒れを防止し、肌を整えるグリチルリチン酸2Kを配合しており、2つの薬用成分で黒ずみを解消します。
また、黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑制する4種類の植物成分を配合しているため、メラニン色素を元から分解し、肌質を整えて理想的な肌サイクルをサポートします。
さらに、厳選された8種類の保湿成分が配合されており、肌に潤いを与えることにより、黒ずみをできにくくしてくれます。

そして、添加物を一切使用していないので、赤ちゃんの肌にも使えるくらい肌に優しいクリームですので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。
初めての方限定で『28日間の全額返金保障』があるので、安心して使用し始めることができます。

イビサクリームの口コミ情報はこちら

イビサクリーム公式サイト

脇の黒ずみができる原因

綺麗な女性の脇の下

女性はムダ毛の処理について、いつも悩んでいると思います。

それぞれの部分で処理の方法を変えたり回数も違うと思います。
また、毛の量や毛質は個人差が生じるでしょう。
人によっては腕の毛は薄いのに、脇の毛は濃い人など様々です。
特に脇の毛が濃い女性は処理に悪戦苦闘すると思います。
エステで脱毛できたらいいのですが脇の毛が濃い女性はその分費用もかかります。
ご自身での処理では手間も掛かる上に肌へのトラブルにも繋がります。
そういう方は、脇が黒ずんでる傾向にあります。
なぜ、肌が黒ずむのでしょうか。
ここでは、その原因について述べたいと思います。

刺激によるメラニン色素の沈着

鞄を脇に抱える女性

脇が黒ずむ原因としてまず一つ目がメラニン色素の沈着です。
メラニンは皮膚を防御する役割があるのです。
もともと脇の肌はメラニン色素の多い部分です。
すぐに黒ずんでしまう部分なのです。
なぜ、メラニン色素が沈着するのかは肌がムダ毛の処理の際にカミソリなどで刺激を受け、これを守ろうとし細胞が反応してメラニン色素が沈着します。
脇の毛の処理を自分でやっている人、特に頻繁にカミソリで剃ったりし肌に悪影響を与えている人、処理後の肌を放置しケアを怠っている人はメラニン色素はどんどん沈着し黒ずんだ脇になってしまうのです。
脇の肌は敏感で刺激を受けるたびに肌を守ろうとし、太い毛が生えてきます。
まさに、これでは悪循環で益々黒ずんだ脇になってしまうのです。
カミソリだけではなく毛抜きで処理をおこなっても肌への刺激は拭いきれません。
脇の毛の処理後は肌に低刺激なクリームなどを利用しましょう。
せっかくのムダ毛の処理が逆効果なんてことだけは避けたいものです。

毛穴に詰まった汚れによる酸化

脇の黒ずみを隠す女性

二つ目の原因は、汚れです。
毎日、お風呂に入っているから汚れるわけがないと思われている方もいらっしゃると思いますが、実は鼻の毛穴がぶつぶつになって黒ずむのと同じで毛穴に詰まった皮脂や角質が詰まって黒ずむのです。
毛穴の詰まった汚れは酸化し、くすみます。
これが黒ずむ脇の原因です。
制汗剤などをよく利用する人は毛穴に汚れがつまりやすく、酸化し黒ずんだ脇になってしまいます。
だからと言って、過剰なスキンケアをおこなうと肌が刺激を受けメラニンの生成に繋がってしまいます。

脇の肌がデリケートだという認識を持とう

脇をデリケートに扱う女性

一旦、黒ずんだ肌を元に戻すのは容易いものではありません。
だから、私たちは日ごろの処理を間違ってはいけないものです。
処理後の肌のケアも怠らないようにすることが大切です。
特に脇の毛の濃い女性は注意しなけれななりません。
脇の肌はデリケートだと認識しケアするべきです。
ご自身の処理では、肌への刺激はなかなか避けられないかもしれません。
一番いいのは、脇を自然のままにすることがいいのでしょう。
でも、それは女性にとって無理な話です。
本当に脇の肌の心配される方は多少、コストがかかりますが知識のある医療機関や脱毛専門のエステを利用することをお勧めいたします。
脇の黒ずみの原因を知ることでいつまでも、きれいな脇を保ちたいものです。

脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみを解消する方法

脇に黒ずみが出来てしまう原因は摩擦により刺激を与えてしまいメラニンが色素沈着してしまう事によるものです。
脇に摩擦が起こってしまって刺激を与えてしまうシチュエーションはいろいろあるので注意が必要になってきます。
脇の黒ずみを解消していくには刺激を与えないようにするという事が大切なので刺激を与えない方法を見ていく事にしましょう。

自分のサイズより小さくてきつめの衣類は着ない

洋服を選ぶ女性

脇に刺激を与えてしまうのが最も多いのは自分が着ている衣類でしょう。
特に歩く時は腕も動かすので脇と衣類の間に摩擦が起こって刺激を与えてしまう事が多いです。
自分のサイズより小さくてきつめの衣類を着てしまうと大きな刺激を与えてしまいます。
そのため衣類はなるべくゆったりとしたものを着るようにしましょう。

ナイロンタオルを使って洗わない

ナイロンタオルを持つ女性

入浴時は体を洗う事になりますが、脇は汗をかきやすい部位なので特に念入りに洗う事が多いです。
そのためナイロンタオルを使ってゴシゴシ洗ってしまう事もよくあります。
しかしナイロンタオルでゴシゴシ洗ってしまうと強い刺激を与えてしまいます。
そのためナイロンタオルは使わないで手で優しく洗うようにしましょう。

汗をかいたらこまめに拭く

汗を拭く女性

脇は汗をかきやすい部位なのでそのままにしておくと汚れが毛穴に詰まってしまいます。
毛穴に詰まった汚れが酸化してしまい黒ずみとなってしまう可能性もあります。
そのため汗をかいたらハンカチなどでこまめに拭くようにして毛穴に汚れが詰まらないようにしましょう。

脇の黒ずみを予防する方法

肌への負荷、ストレスを避ける

脇を見せる女性

脇の下は露出の少ない冬場にはついつい手入れがおろそかになってしまいがちです。
ですが、白くてスベスベとした綺麗な脇でいるためには、毎日のスキンケアが大切になってきます。
また、毎日おこなっている行動が、知らないうちに脇の肌を黒くしてしまう場合もあるから注意が必要です。
脇の黒ずみを促進させるNG行動を理解しつつ、毎日の黒ずみ予防をしていくことが、とても重要です。
脇の黒ずみの大きな原因は、メラニン色素の沈着です。
メラニン色素は、肌がストレスを感じたり、負担がかかると分泌されやすくなっています。
日焼けで肌が黒くなるのも、紫外線で肌がストレスを感じたことによりメラニン色素が活発に分泌された結果です。

擦れによる刺激を避ける

脇の黒ずみを解消した女性

同様に、洋服や下着によって肌がこすれ負担がかかると、メラニン色素は分泌されやすくなります。
脇の下は皮膚がとても薄くて敏感な箇所なので、肌にかかる負担も大きく、黒ずみになりやすい場所になっています。
脇の下のムダ毛ケアも、肌へと負担をかけることになります。
適切なケアをしてムダ毛処理をするように意識しましょう。
では具体的に、どうやって脇の黒ずみ予防をおこなえばいいのか?
ポイントをおさえて紹介していきたいと思います。
まずは、脇を刺激しないことが大切になってきます。
脇の黒ずみを綺麗にしたいと思い、ゴシゴシと力強く洗うことは、さらに黒ずみを悪化させることになるので、気をつけたいですね。
脇を洗うときは、力を入れず優しくなでるようにしながら洗うのがベターです。
ボディーソープやせっけんをしっかりと泡立てて、泡でなでるように洗うと肌への負担を少なくすることができます。

保湿等のケアを徹底する

肌への保湿イメージ

脇を綺麗に洗ったあとは、十分に保湿をおこなうことも重要です。
肌が乾燥すると、皮膚は厚くなってしまいます。
それにより、黒く固くなってしまいます。
そうならないためにも、体を洗ったらすぐに保湿をしてあげることが大切になってきます。
ボディクリームやローションをぬるときも、肌に負担をかけないように優しくぬってあげるようにしましょう。
脇に負担をかけないように、厚着の季節にムダ毛処理をおやすみすることも、黒ずみ予防には効果があります。
夏場、毎日おこなっていたムダ毛処理を2日に1回と半分の頻度に落とすだけでも、肌への負担は少なくなります。
汗を抑える制汗剤を刺激の少ないものに変えるのも、黒ずみ予防につながります。
クリームタイプは肌に密着し制汗剤の効果が高いですが、そのぶん肌に成分が残ってしまう可能性があります。
汗をかきにくい冬場は、使い心地がライトな制汗剤に変えたり、制汗剤の使用をひかえたりして脇への刺激をおさえてみるものいいですね。
制汗剤を使ったあとは、丁寧に制汗剤を洗い落とすことも脇の黒ずみ予防には大切になってきます。

膝の黒ずみに関する体験談

脇の黒ずみが一番ひどかったのは高校生の時

脇の黒ずみに悩む女性

脇の黒ずみが一番ひどかったのは、高校生の時だと思います。
中学の頃から脇に毛が生えてきたので、そのころから処理はしていましたが頻度は週に1回程度でした。
しかし高校生になって、初めて彼氏ができたこともあり、ムダ毛を頻繁に剃るようになったんです。
当然ワキも見られたくないので毎日しっかり剃っていました。
そんな生活を送っていたせいでしょうか、高校を卒業する頃には脇の黒ずみがひどい状態になっていたのです。
黒ずみだけでなく、連日のカミソリの使用で肌荒れして、赤いブツブツもできてしまっていました。
ワキを剃ることが黒ずみの原因になることは知っていましたが、ムダ毛を生やしておくわけにはいかないので、それでも剃り続けていたんです。
この汚いワキガ恥ずかしくて、海に誘われても断ることが多くなりました。
でもこのまま一生脇が汚いままなのは嫌だったので、人生で初めて脱毛に行ったんです。
脱毛のカウンセリングで黒ずみについて相談したところ、脱毛をすれば自然に改善すると教えてもらいました。
ちなみにワキ脱毛の料金は何度でも施術が受けられて5000円ほど。
キャンペーン中だったので、安く脱毛することができたんです。
脱毛を繰り返し行ううちに、次第に毛の量が減り、本当に黒ずみも改善していきました。
ワキを剃る頻度が少なくなったのが良かったのだと思います。
現在は脱毛がほぼ終わって、脇の黒ずみも目立たないくらいにキレイになりました。
やはりカミソリなどで刺激を与えないことが、肌に一番良いのだと思います。

参考文献

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

一般社団法人 日本全身美容協会
http://www.mhlw.go.jp

総務省
http://www.soumu.go.jp/

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp