脇の黒ずみ撲滅へ、ムダ毛処理における注意点

脇の黒ずみ撲滅へ、手軽に始められる方法

脇の黒ずみの最大の原因は、毛抜きやカミソリなどでの自己処理による摩擦です。
特に夏季はノースリーブや半袖を着るため、家庭で念入りに脇の毛の処理をする方が多いと思いますが、その毎日の処理による摩擦や刺激でメラニン色素が沈着し、黒ずみとなってしまう場合があります。

自己処理は要注意

脇をケアする女性
ムダ毛が気になるとエステに行く人もいますが、自己処理する人もいますね。
剃刀、電気シェーバー、毛抜きやワックスなどやり方はいろいろですが、どれもが黒ずみを作る原因になりえます。
脇の下の表皮は敏感ですから、自己処理した後に軽くただれたような状態になります。
自己処理前後のケアとしてはメラノサイトを動かさない事が重要です。
したがって炎症を起こさないようにする、刺激を与えないようにするという2点が大事です。

ムダ毛を処理する前のケア

アルコール消毒
ムダ毛を処理する前のケアとしてはアルコールを用いて部分消毒をして、その後に専用の泡フォームやクリームをたくさん用いて、肌が刃物で傷つけられないようにしましょう。
消毒をする事により毛穴に雑菌が入るのを防いで、クリームを塗る事により、刃の滑りを高めます。

ムダ毛を処理した後のケア

脇のムダ毛を処理した後のケアをする女性
冷たいタオルを使ってよく冷やす事で炎症を抑えましょう。
脇のムダ毛を自分で処理した後に、きちんと保湿等のアフターケアをしないでいると日々のダメージが蓄積されていきます。
これで結果的に黒ずんでいく事になります。
そのうえで保湿クリームなどを使い保湿をします。
この時にはアルコールが入っていないものを使うようにすると良いでしょう。
ひりひりするのを防ぐ事ができるからです。

毛抜きを止めること

毛抜きを使って毛を抜く女性
毛抜きや脱毛器を使って毛を抜くと皮膚にダメージを与えてしまいます。
そのダメージがメラニン生成につながることがあるので、黒ずみが気になる人はそうした処理を行わないようにしましょう。
また、どんなに清潔にしてから抜いても、そこから菌が入るのを防ぐのは難しく、抜いた影響で炎症を起こすこともあります。
また、埋没毛の原因にもなって、より黒々しく見えてしまうので、止めましょう。
肌に負担をかけないだけでも黒ずみが違ってきます。

電気シェーバーで手入れ

電気シェーバーで手入れする女性
カミソリで剃るのを止め、電気シェーバーで手入れをしましょう。
ファーストステップ同様、カミソリでの処理は埋没毛の原因となったり、皮膚を傷める原因にもなります。
もしカミソリ負けして切ってしまったら、きちんと消毒をしコットン等で血が止まるまで当ててください。
これは指をカッターで切ったのと同じに考え、放置すると大変危険なのでやめましょう。
脇は汗をかきやすく、菌の増えやすい場所でもあります。
キレイにするつもりが、色素沈着の原因になりますので、十分注意しましょう。

プロに頼む

脱毛サロンでの様子
思い切って自己処理をやめ脱毛サロンやエステサロン、医療クリニックに通うことが良いでしょう。
サロンでの脱毛は高そうだし、通う時間もないと心配の方もいらっしゃると思いますが、両脇だけの処理であれば、意外と良心的なお値段のサロンが多く、施術もあっという間に終わります。
現在ではキャンペーン中だと驚くほどリーズナブルなサロンもあります。
また脇の黒ずみ対策を取り入れた脱毛コースがあるサロンもあるので検討してみてはいかがでしょうか。
いじるから色素沈着を起こしてしまうので、その原因である行為を止めることが、脇の黒ずみを無くす一番の近道です。
時間はかかりますが、プロの力を借りるのが最も効果的です。
いじらなければ、皮膚の再生サイクルで少しづつ黒ずみも薄くなり、1、2年後にははじめとは比べものにならない程に綺麗になっているはずです。
また、ファーストステップ・セカンドステップでも同じことが言えますが、保湿をしっかりとし、肌をいたわるとより効果的です。

脇の黒ずみの解消に関連する詳しいエピソードはこちら

脇の黒ずみ解消特集!!人気ケアグッズランキングTOPへ!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*