脇下の黒ずみに効果が期待できるじゃがいも

脇下の黒ずみに効果が期待できるじゃがいも

脇下に対する黒ずみには、おすすめ食材が幾つかあります。
ただし、該当食品を食べる訳ではありません。
脇下に対して、それを塗ってみる訳です。
日数は多少必要ですが、解消効果の大きさを実感する方々はかなり多く見られます。

ジャガイモは、実は漂白効果が高い

ジャガイモ
具体的に何を用いれば良いかと言うと、ジャガイモが推奨されます。
なぜなら、それは漂白効果に関するメリットがあるからです。
ジャガイモという食材は、実は漂白効果がかなり高めです。
一旦黒ずんでしまっても、ジャガイモを塗り込んでみる事で、随分と解消される傾向があります。
そのやり方も、複数あるのです。
まずはジャガイモのスライスをします。
いわゆるポテトチップスを作るようなイメージですね。
ジャガイモのカットが完了したら、今度は脇下に対してそれをすり込みます。
ただし短時間では、あまり大きな効果はありません。1分や2分程度タッチしただけでは、漂白効果は余り大きくないのです。
そうではなく、少なくとも5分程度はタッチするべきですね。
時間的に余裕があるなら、10分程度はすり込むよう心がけます。
それが完了したら、今度はジャガイモを洗い流すようにします。
冷たい水では少し問題なので、ぬるま湯などを用いて洗い流してあげると良いでしょう。
後は、それを繰り返すだけです。
それがどれ位で効果が発揮されるかも個人差がありますが、基本的に1週間も期間が経過すれば、脇下の黒ずみなどは解消される事例が目立ちます。

ジャガイモをブレンダーで粉々に

ブレンダー
それと、ブレンダーですね。
いわゆるミックスジュースを作成する時に用いる機械ですが、それでジャガイモを粉々にする訳です。
粉々になれば、当然粉末と水分がミックスされたような物ができ上がります。
絞り汁を抽出して、脇下の黒ずんでいる箇所に対して、タッチしてあげると良いでしょう。
この際にも、やはり10分程度はタッチし続けるよう心がけるべきです。
なお上記のようなジャガイモでの解消方法は、1日に2回程度は行うよう心がけた方が良いでしょう。
さすがに1日1回限りでは、少々少なすぎると思われます。
1週間ほど継続すれば、大抵は黒ずみが解消されるでしょう。
ちなみにジャガイモでなく、レモン汁を用いる方法もあります。
あれも黒ずみを解消してくれる力がかなり強く、王道とも言われています。
しかしレモン汁には1つネックがあって、敏感肌の方々には不向きな一面があります。
人によっては肌が少々デリケートですが、レモン汁などは刺激が強すぎるのですね。
それで却って肌の黒ずみが悪化してしまう事もありますから、敏感肌の方々にはあまりおすすめできません。
ところがジャガイモの場合は、少なくともレモン汁と比べれば、刺激が小さい事は明らかです。
むしろ非常にマイルドな食材と言えるでしょう。
したがって肌がデリケートなら、やはりジャガイモを用いて黒ずみ解消を試みるのが望ましいと思われます。
肌の状況に合わせて、最適な食材を用いると良いでしょう。

脇の黒ずみをスッキリ解消!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*