脇の黒ずみを改善のため入浴時の注意点

脇の黒ずみを撲滅したいあなたに

脇はなぜ黒ずみやすかと言うと、黒ずみはメラミン色素が多く分泌されることによって起こります。
日焼けしたり、肌に刺激を与え続けたりした場合、肌が肌自信を刺激から守るためにメラミン色素を出して肌をガードし、黒い時には固い肌に変わっていくのです。
このメラミン色素の分泌を防ぐためには、日焼けをしないことと、肌に刺激を与えない事が大事です。
特に脇のような肌は柔らかくデリケートな部分は少しの刺激で肌が黒ずんだり、荒れたりしてしまします。

ゴシゴシこすらない

優しく洗う女性
普段からのお風呂での洗浄方法も、黒ずみには大きく関わってきます。
ずんでしまう原因は、皮脂なのですね。
脂分が多く放出されてしまえば、どうしても黒ずみが悪化する傾向があります。
黒ずみが気になると、どうしても入浴時に皮脂を取り除こうと頑張ってゴシゴシ擦ってしまいます。
石鹸でゴシゴシ洗ったりスクラブを使ってこすったりしてしまいますが、それによって黒ずみが取れることはほとんどなく、肌にとって負担となります。
脇の部分は思っているより皮膚が薄くデリケートなのでゴシゴシ擦ることで肌を傷めてしまいます。
それで脇は優しくそっと洗うようにしましょう。
必要以上に多くの刺激が加わってしまえば、当然黒ずみも悪くなる傾向があります。
基本的に脇の下などは、できるだけソフトに洗浄するよう心がけた方が良いでしょう。
よく泡で転がすようなイメージ等と表現されますが、実際それ位でちょうど良いです。無闇に力を入れてしまえば黒ずみ悪化が懸念されますから、要注意ですね。
多くても1日1回程度にするなど、回数調整も重要と言えるでしょう。
1日に3回も脇下を洗浄しているようなら、ちょっと回数を減らすと良いですね。

専用の石鹸を使う

黒ずみ専用の石鹸
黒ずみ専用の石鹸を使うこともオススメです。
脱毛後にできてしまった黒ずみに効果的です。
また臭いを防げますので脇の臭いが気になる方におすすめです。
ローションを塗る前に、専用の石鹸で洗うと、ローションの浸透性が良くなります。
石鹸はよく泡立ててから洗って下さい。
黒ずみを除去したいという気持ちから、力を入れて洗ってしまうと、黒ずみや色素沈着を悪化させてしまいます。
専用の石鹸ですから毎日使う必要はありません。

脇の黒ずみ解消を確実に行う!人気ケアグッズランキングTOPへ!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*