黒ずみ予防は衣類による刺激を減らし清潔に

黒ずみ予防は刺激を減らし清潔に保つことが大切

脇が黒くなってしまうには、いつくが原因がありますが、1番大きな要因は『刺激』です。
肌は刺激を受けると、メラニン色素を生成して肌を守ろうとします。
メラニン色素は、日焼けをすると生成され、肌が黒くなることで有名ですね。
脇が黒ずんでしまうのは、刺激が受けてメラニン色素が多く生成されるからなんです。
しかも、脇は皮膚が薄くて、とてもデリケートな部分になります。
ですので、体のほかのパーツよりも黒くなりやすい部分なので注意が必要です。

衣類や下着で刺激を避け清潔に

適度なサイズの下着
脇の肌に刺激を与えるのは、衣類や下着の摩擦です。
なるべくきつすぎる下着などは避けるようにして、適度なサイズで、肌触りの良い下着をつけるようにしましょう。
そしてもちろん衣類や下着を清潔に保ち、汗をかいたら取り換えるなどのことも大切です。
脇に刺激を与えてしまい、それがメラニン色素を発生させるメラノサイトを反応させて黒ずみが起こる原因となってしまっています。
また、脇を不衛生な状態にしておくと毛穴に皮脂や古くなった角質が溜まってしまい、それが脇を黒く見せる一因にもなるのです。
このことからも、脇の黒ずみ予防には刺激を与えないこと、清潔に保つことが不可欠となることがわかります。

なるべくゆとりのある服を身に付ける

ゆとりのある服を選ぶ
身体を動かすたびに脇が擦れてしまうことは仕方がありませんが、それ以外のものであればいくらかメラニン色素の付着の原因を取り除くことは可能です。
まず、負担をかけないように締め付けのきつい下着をつけることや、ぴったりとフィットした衣服の着用を避けることが大切になります。
脇の黒ずみと衣服は関連が薄いように感じますが、毎日身に付ける衣服だからこそ小さな気遣いが大きな予防へと繋がるのです。
なるべくゆとりのある服を身に付けるようにして、脇に当たらないものを選ぶようにしてください。
そしてもちろん衣類や下着を清潔に保ち、汗をかいたら取り換えるなどのことも大切です。

脇の黒ずみができる前の予防に関するエピソード

脇の黒ずみを解消したい方はこちらへ!人気ケアグッズランキングTOPへ!!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*