脇の黒ずみを予防するため脇毛処理

脇の黒ずみを予防するためにやるべきこと

肌の露出が多くなる暑い季節に気になるムダ毛。
ノースリーブだけじゃなく、半袖でも角度によっては脇の下は見えやすいものです。
そのため世の女性達の多くが、脇のムダ毛処理に余念がない事と思います。
しかし、ムダ毛処理しているにもかかわらず、なぜか脇の黒ずみが気になった経験はありませんか?

実はその黒ずみ、がんばってムダ毛処理すればするほど悪化してしまうという、とてもやっかいなものです。
つまり、美意識が高い人の多くが抱えている悩みなのです。
では、一体どういった事が原因で脇の下のが黒ずんでしまうのか、その原因と予防方法について考えていきたいと思います。

とにかく肌への刺激を少ないムダ毛処理へ

肌への刺激を少ないムダ毛処理
黒ずみの原因としてメラニン色素があり、過剰に生成されると色素沈着を起こします。
メラニン色素は肌が身を守るために発生するもので、紫外線によって日焼けするのと同じ原理です。
このメラニン色素の発生は紫外線だけではなく、脇の下の肌が刺激を感じた場合でも起こるのですが、肌代謝が正常であれば黒ずむ事はありません。
しかし、度重なる刺激や摩擦、乾燥などよってターンオーバーが乱れ角質が厚くなると、メラニンが蓄積され黒ずみの悪化に繋がるのです。
脇の皮膚はとてもデリケートです。
その肌を守るために脇の下には毛が生えているのです。
ターンオーバーの乱れは皮脂や古い角質が毛穴に詰まる原因にもなり、やがてそれれが酸化すると黒ずみになるのです。
鼻まわりの毛穴の黒ずみと同じ現象です。
脇下の刺激はムダ毛処理や制汗剤の多用、摩擦は下着や衣服によっても起こります。
カミソリや毛抜きでの処理も、肌と毛穴に大きなダメージを与える原因になるのです。
かと言って、ムダ毛処理しないわけにはいかないし、エステに通うにはお金がかかるし、という方も多いと思います。
カミソリでの処理を続けるのであれば、最低限の事には気をつけたいもの、それはとにかく肌への刺激を少なくする事です。

石鹸をよく泡立てたイメージ
まず、脇の毛を剃る場合は必ずお風呂で温まり毛穴を開いた状態で行いましょう。
ボディソープや石鹸をよく泡立てて、手のひらでやさしく洗います。
洗い流したら、タオルで水分を取り除きクリームをたっぷりと塗り、できるだけカミソリによる摩擦を少なくします。
毛の流れに沿って剃り、処理後は化粧水などでしっかり保湿しましょう。
カミソリで処理する際には、肌に負担の少ない新しいカミソリの使用をおすすめします。
専用電器シェーバーですと、直接肌に刃が当たらないので刺激も少ないのでは、と思いますが、金属部分で肌を擦る事による刺激は避けられません。
その際にもやはり最低限の刺激で済むように、何度も擦るのは避けましょう。
シェーバーの刃が古くなったまま使用するのもNGです。
毛抜き処理されている方も多いと思いますが、毛穴にダメージを与えるだけでなく、埋没毛が発生しプツプツ毛穴になる場合もあります。
毛穴の中に入り込んだ埋没毛や、盛り上がった毛穴はそれだけでも黒ずんで見えてしまいます。
毛抜きを使用するのであれば、お風呂上りなどの毛穴が開いている状態がよいと思いますが、もしも他の方法と兼用しているのならば、肌のダメージを考えて毛抜き処理をやめるのも黒ずみの予防に繋がると思います。
脇への刺激という点ではムダ毛の処理で使用している毛抜きやカミソリは非常に大きなものになります。
毛穴から毛を引っ張り、毛だけではなく角質まで必要以上にそぎ落とすことになるため、肌は危険を察知してメラノサイトの活動を活性化させやすいのです。
どれだけ気を付けてムダ毛処理をしても肌への刺激はあるものです。
その刺激によって炎症を起こしてメラニン色素が生成されるために黒ずみができやすくなってしまいます。

ムダ毛処理後の保湿は重要

脱毛サロンに通う女性
処理をした後は保湿をしっかりしてトラブルのない肌を目指しましょう
そのため、黒ずみの予防には脱毛してしまうことをおすすめします。
昨今の脱毛サロンはワンコイン以下で施術が可能ですし、脱毛することで黒いポツポツとした残り毛も綺麗に処理することができることで予防しやすいのです。
また、毛がなくなることで雑菌が繁殖しにくくなり、ワキのニオイの軽減にも効果が出ますので一石二鳥になります。

脇の黒ずみの予防にまつわるエピソードはこちら

脇の黒ずみ解消に向け活用すべき、人気ケアグッズランキングTOP!!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*