脇に黒ずみが出来る原因は身に付ける物にあった!?

脇に黒ずみが出来る原因とは一体!?

脇の黒ずみは清潔感がなく見え、実年齢よりも老いて見えてしまうこともあります。
気になりはじめると、メイクや服装は完璧でも自分に自信が持てなかったり、不潔な印象になってしまったり。
そんな不満を解消するために脇の黒ずみの原因を解明します!

メラニンの色素沈着による黒ずみ

脇の黒ずみ
脇の黒ずみの原因の一つにメラニンによる色素沈着があります。
色素沈着は、肌への刺激により、肌の表皮にあるメラノサイトという色素細胞からメラニン色素が過剰に分泌されることにより引き起こされます。
正常な状態であれば、このメラニン色素が生成され、排泄される自然なメラニン色素の代謝が行われるのですが、さまざまな理由によりこれが正常に行われないと、これが真皮に留まり黒ずみの原因となります。
そしてこのようなメラニン色素の分泌を促すのは、脇に刺激をあたえることです。その原因の1つとして衣服があります。

服が擦れて肌ストレスを与えている

服が擦れて肌ストレスを与えている女性
薄着をしている時は脇を露出する事も多くなるのであまり摩擦が起こってしまう事はありませんが、寒い時期などは厚着をするので脇と着ている服の間で摩擦が起こってしまう事が多いです。
特にきつめの服を着ていると強い摩擦が起こってしまうので刺激を与えてしまい、肌ストレスに対する防衛反応でメラニンがたくさん発生してしまいます。
メラニン色素が分泌されると、黒ずみができてしまうのです。
脇は特に皮膚が薄いので歩くだけでも、服が擦れて肌ストレスを与えてしまいます。
そのため色素沈着を起こしてしまい黒ずみが出来てしまうので普段着る服は自分のサイズより少しゆったりしたものを着るようにするといいでしょう。

油断しがちな脇の黒ずみの原因にまつわるエピソードはこちら

脇の黒ずみを解消したい方に役立つ!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*