身近なもので行う!脇の黒ずみ対策について

黒ずみの原因と対策について

脇の黒ずみはブツブツしている方とくすみがひどい方に分けられます。
悲しいことに両方にあてはまる方もいます。
それぞれの原因に合った解決方法がありますのでご紹介します。

重曹を石鹸と混ぜて脇を洗う

重曹を石鹸と混ぜて脇を洗う
くすみが気になる方は乾燥を防ぐことが大切です。
乾燥していると摩擦した際に外部の刺激でくすんでしまいます。
毎日の保湿を心掛けて下さい。
くすみが気になる方は肌の新陳代謝が良くないので古い角質を落とし、皮膚が新しくなるように促して下さい。手軽に始められる重曹を使う方法もあります。
重曹はアルカリ性で肌のタンパク質を溶かす働きがあるので効果的です。
重曹は簡単に手に入りすぐに始められます。
重曹を石鹸と混ぜて脇を洗いますが、肌にダメージを与えないように優しく洗って下さい。
重曹は食用と掃除用がありますが、必ず食用の重曹を選んで下さい。
ボディーソープと混ぜて脇を洗うだけなので簡単です。
重曹を使うメリットは角質の除去もできることです。
ただし毎日使うことはあまりおすすめできません。
肌を傷つけてしまうことがありますので敏感肌の方は気をつけて下さい。
また誰にでも手軽に始めやすいですが、乾燥肌の方や使ってみて肌が荒れてしまう方もいますし、人によっては効果を実感できない場合もあります。 

重曹をパックとして使う

重曹パックをする女性
重曹をパックやとして使う事によって黒ずみを解消する事も可能です。
掃除をする時にもよく汚れを落とす事で知られている重曹ですが、その特徴を脇の黒ずみ解消にも応用できます。
2週間に1度程度で重曹パックをする事で、徐々に脇の黒ずみは解消されていきます。
脇の黒ずみができると清潔とは反対の印象を相手に与えてしまいます。
乾燥肌の方や使ってみて肌が荒れてしまう方もいます。体質に合わないと感じたらすぐに使用はやめて下さい。

塩とオリーブオイルを使う

塩とオリーブ
ブツブツが気になる方は、毛抜きを使っている方に多く見られます。
毛を抜いた時の刺激で炎症を起こし、色素沈着します。
埋没毛は中の毛が皮膚を押してしまう為、ブツブツした脇になってしまいます。
毛抜きの使用は避けて、カミソリで剃るようにして下さい。
剃る前は入浴して毛を柔らかくすることが大切です。
塩を使い、頑固な埋没毛を解消するには角質を落とすことが大切です。
そして皮膚の外に出てきてもらうように促します。
塩には抗菌作用もあるので非常に効果的です。
塩とオリーブオイルを混ぜて使います。
入浴して脇を温めてから優しく塩で洗って下さい。
丁寧に洗い流したら保湿を忘れないで下さい。
また粗塩は肌を傷つけるので細かな塩を使うことが大切です。
力を入れ過ぎると脇の黒ずみを余計にひどくしてしまうので、優しく洗うことも意識して下さい。
毎日行うと肌にダメージを与えますので週1回程度にした方が良いです。

ヨーグルトパック

ヨーグルト
自分でできるスペシャルケアとしてはヨーグルトパックが安くて手軽にできるのでオススメです。
市販の無糖のヨーグルトをコットンやティッシュに薄く載せて、脇に貼り5分ほど放置したら水でキレイに洗い流します。
ヨーグルトには美白作用と保湿作用があるので顔や脇などの気になる部分のケアにもってこいです。
しかし、冷蔵庫から出したてのヨーグルトは驚くほど冷たいので、脇などのデリケートな部分に使用するときは常温に戻しておくか、レンジで人肌まで温めて使用しないと、冷たさが刺激になってヨーグルトパックの効果がなくなってしまうので注意が必要です。
日常生活で無意識に刺激を与えてしまいがちですが、脇は弱くデリケートなものだと改めて認識しなおして、優しい丁寧なケアをここがけることで黒ずみは解消されていくでしょう。

脇の黒ずみを治した方の詳しいエピソードはこちら

脇の黒ずみの解消は効果的に!人気ケアグッズランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*