脇の黒ずみの原因はカミソリ使用時の刺激にある!?

ワキの黒ずみの原因と対策方法

脇の黒ずみの最大の原因は肌に刺激を与えていることだと言えます。
肌は刺激を受けると肌を守ろうとしてメラミン色素という黒い成分を沈着させます。
このメラミン色素があると肌は刺激や紫外線に強くなる代わりに、黒く固い肌質に変わってきます。

脇の黒ずみは紫外線によるものとは考えにくいので、殆ど刺激によるメラミン色素の沈着が原因と思われます。
では刺激にはどのような刺激があるのか、今回はムダ毛処理の際の刺激に注目します。

ムダ毛の処理方法は刺激の少ないものへ

カミソリで剃るなど自己処理
暖かい季節になると薄着をするようになるので脇を露出するという事も多くなります。
そのため脇の毛を処理する事になりますが、エステで施術を受ける方法もありますが、ほとんどの人はカミソリで剃るなど自己処理で済ませています。
自宅でできるムダ毛処理には、カミソリで剃る方法や除毛クリーム、家庭用脱毛器を使用する方法などがあります。
それ以外でも毛抜きなどを使って処理されている方もいるかもしれません。実は毛抜きによる処理も黒ずみの原因となります。
毛抜きにより毛を引き抜くことは、お肌にとても強い刺激を与えます。
結果、脇の肌が炎症し、色素沈着し、埋没毛を起すともあります。
埋没は、毛を抜いた時に毛穴の入り口にカサブタなどができ、毛穴の入り口を塞いでしまうことです。
毛穴から出られなく毛は皮膚の中で成長します。
その結果、黒ずみへと繋がります。
そのどれも刃が皮膚に直接当たるので肌へと負担をかけてしまいます。
肌はダメージを受けると、その刺激から肌を守るために角質を厚くしていきます。
それにくわえ、メラニン色素を発生させて、肌を保護しようとします。
この状態が長く続くと、やがて黒ずみとして定着してしまうのです。
そのため肌が炎症を起こしてしまい次第に黒ずんできてしまう事もあります。
かといって、ムダ毛処理をやめるわけにはいけませんよね。
ですので、脇にダメージを与えないように脇のムダ毛処理をしていくことが重要になってきます。
脇の毛を処理する時は刃が皮膚に直接当たるカミソリではなくで電気シェーバーなどを使用するようにしましょう。
また脱毛サロンで脱毛の施術を受けて処理する方法もおすすめです。

脇のムダ毛を処理後も重要

保湿クリーム
脇へのダメージを軽減させるには、ムダ毛処理後のスキンケアが大事です。
脇のムダ毛を処理したら、優しく肌を保湿してあげましょう。
ムダ毛を処理したばかりの肌は、とても敏感になっているので、保湿するときは丁寧におこないます。
保湿クリームや美容クリームを肌に馴染ませるようにするといいですね。
ムダ毛を処理したあとは、お風呂の湯船に入らないようにするのも大切です。
湯船には目に見えない雑菌がたくさん漂っています。
これらの雑菌が、ムダ毛処理後の敏感になっている脇に付着することで、大きな刺激になってしまいます。
脇が黒ずむばかりではなく、赤く炎症する可能性もあるので気を付けていですね。

消えない脇の黒ずみの原因に関する詳しいエピソードはこちら

脇の黒ずみを効率的に解消するには?おすすめケアグッズランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*